Webページを持つことのメリット

SNSと比べて事細かな情報を発信できる

近年、ネットでの情報発信はSNSで行うという人が増えています。SNSは情報が拡散されやすく、文章や画像をスマホなどから手軽にアップできるというメリットがあり、そういった点を評価している人が多いのでしょう。ただ、SNSのアカウントを持っている人でも、Webページでの発信を続けている人はたくさんいます。では、SNS全盛の今、あえてWebページを持つことのメリットはなんでしょうか。
まず、書き込める文字数に上限があるSNSと比べ、Webページは基本的に何文字書いてもエラーが出るといったことはないので、その分、正確で詳しい情報発信が可能という点が挙げられるでしょう。自分がなぜそういう考えに至ったのか、あるいは行動をとったのかを事細かに書けるので、SNSのように言葉が足りずに誤解されて炎上してしまう可能性を少なくできます。

アカウント停止ですべてがゼロになることがない

アカウントを一方的に停止させられることが少ないのもWebページのメリットでしょう。SNSの場合、いたずらなどにより「このアカウントは不正である」といった報告を運営会社に送られ、アカウントを停止させられてしまうことがあります。また、SNS自体がサービス停止となったら、どれだけフォロワーがいたとしても無意味です。
しかし、Webページの場合、悪意を持つ第三者がサーバー会社に「このサイトは問題がある」といった嘘の報告を送ったことで、万が一、アカウントを停止させられたとしても、別のサーバー会社と契約してWebページのファイルをアップロードすればサイトを継続することが可能です。そのため、どのような状況でも安定した情報発信を行えます。

webサイト制作は、サイトの目的によりますが、高度なプログラミング言語や文書作成などの知識や技術が求められることもあります。