実は簡単!Webページの作り方

ソフトウェアを作るよりは遙かに容易

ソフトウェアを作ることに比べると、Webサイトを制作することはそれほど難しくはありません。というのは、ウェブブラウザと呼ばれるものは基本的にファイルに記載されている文字を普通に表示してくれるからです。たとえば、「こんにちは」と書かれたテキストファイルをサーバーにアップロードし、ブラウザでアクセスした場合、そのまま「こんにちは」と表示されます。つまり、文章を書いてアップするだけでも簡易なWebページになるのです。 あとは、画像を配置したり、「こんにちは」をCSSで修飾し、大きく表示したり、色をつけたりし、きれいにレイアウトをすれば立派なWebページのできあがりです。このようにして考えれば、Webページは初心者と呼ばれるような人でも簡単に作れると理解できるでしょう。

ビジュアルエディタを使えばCSSを覚える必要もない

ただ、CSSで文字を修飾したり、レイアウトをするという部分は少し難しいかもしれません。ではどうすればいいのかというと、ホームページ制作ツールを用いるといいでしょう。ホームページ制作ツールではビジュアルエディタと呼ばれる編集機能が使えます。たとえば、特定の文字を大きくするというボタンを押すと、視覚的に大きくなるため、ブラウザで閲覧するとどのように見えるのかというのがリアルタイムでわかるのです。そのため、初心者でも感覚的なデザインが可能になり、CSSの記法を覚えなくてもきれいなサイトを作ることができます。 ビジュアルエディタは多くのレンタルブログにも備わっている機能なので、「ホームページ制作ツールを使おうとするとお金がかかる」と躊躇している人は、レンタルブログでサイトを作るといいでしょう。

ホームページ制作会社は、サイト全体のレイアウトやテキスト作成、コンテンツ制作まで幅広いサービスをプロのエンジニアに依頼することができます。